クラウドキッチン事業

デリバリーの進化
コロナ渦によって日本の飲食業界も様々な進化を問われる時代になりました。
デリバリー市場が発展を遂げてはいますが、成功している飲食店は、ほんの一握りです。
その中でも成功する為には、アフターコロナも見据えた、デリバリーも新しい進化が必要だと思い、
デリバリー、テイクアウト、イートイン、店舗の複合を掛け合わせた【HUB KITCHEN】の設立を考えました。


費用を抑えて開業ができる
店舗の費用や内装といった初期費用が普通のレストランの 1 / 10 程度に抑えられるので、
大きな投資をしなくても開業ができる。また、新規で立ち上げたい業態に、ニーズはあるのかを探りたい場合、
試験的に運営を行う場所としても活用できます。